天然石、宝石ルース(裸石)専門店 いろはに^宝石〜見つけよう!あなただけのAttractive GemStones 世界でたったひとつの宝石♪

ホーム |  ログイン
いろはに^宝石〜珍しいルース(裸石)を販売中!
― 宝石、大好き! ―
 www.irohani-hoseki.com  
Since 2003   
     

宝石の色について

前田店長が、宝石について語るコラムです。

宝石には、色々な色の石があり、またその石の風合もさまざまです。
 有史以来、人々は、宝石の色に魅力を感じ、欲望をそそられてきました。このようなことからも、宝石の色は、美しさと人気に、きわめて重要な役割を果たしています。

 宝石として使用されている大部分の鉱物種には、広い範囲のさまざまな色が有りますが、その鉱物が「純粋」な状態では無色になり、価値がかえって低くなることが多々あります。

 宝石について詳しく勉強されてない方は、信じがたいことかもしれませんね!例えば、ルビーサファイヤコランダムという鉱物の変種であり、イエロー、ピンク、グリーンなどがあります。

 しかし、このコランダムという鉱物も純粋な状態では、無色なのです。また、ルビーサファイヤなどは、色がついている方が、価値が高いです。ダイヤの場合は、色を帯びていないことが、完全性の基準になっていますね。

 さて、このような宝石の色はなぜ生ずるのでしょうか?

 これは、鉱物に色を生じさせる一定数の元素があり、それらの元素が微量に存在することによって、色々な色の変種が生じます。この元素が入っていなければ、純粋な状態で無色になります。

 私たちが、「白色」光と呼んでいるもの、すなわち「太陽光」「白熱体から出る光」は、虹色のすべての光が混合し構成して無色になっています。宝石が色を帯びて目に映るのは、白色光が石の中を通過するとき、石が白色光の一部を吸収し、最も吸収が少なかった色が目に届き、これが混ざり合って宝石の色として、私たちの目に映るのです。

つまり、宝石の色は、白色光の中に入っているのであって、石が作り出しているのではないのです。

 このような事を知った上で、宝石を見ると、違った面白さもあると思いますよ!

戻る


このページのTOPに戻る▲

天然石、宝石(ルース)検索
天然石、宝石( カテゴリ)
原石・結晶->
宝石ルース(裸石)の色別->
宝石ルース(裸石)の種類別->
宝石ルース(裸石)のご予算別->

新着商品...
おすすめ商品...
全商品...
更新情報(お知らせ)
ありがとうございます。
現在 4 人のゲストさん がご来店中です。
お客様の声  [more]
初めてご利用の方へ
 ログインについて
 買い物の仕方について
 支払い方法について
 商品、ルース(裸石)について
ショップ情報
 FAXでご注文
 配送返品について
 個人情報保護について
 利用規約について
 特定商取引法に基づく表示
 スタッフ紹介
 問い合わせ
サイトマップ
サイトマップ
SSLについて

 当店は、個人情報保護のため暗号化通信SSLを採用しています。
安心してご利用下さい。

※ SSL(Secure Sockets Layer)とは、お客様と当店の間でやり取りする情報を暗号化して送り、第三者に内容を見られないように保護する技術です。

このページのTOPに戻る▲