天然石、宝石ルース(裸石)専門店 いろはに^宝石〜見つけよう!あなただけのAttractive GemStones 世界でたったひとつの宝石♪

ホーム |  ログイン
いろはに^宝石〜珍しいルース(裸石)を販売中!
― 宝石、大好き! ―
 www.irohani-hoseki.com  
Since 2003   
     

ブルームーンストーンについて

前田店長が、宝石について語るコラムです。

先日、ブルームーンストーンについて、宝石業界でも誤った認識がされているとのご報告が、お客様から当店に寄せられましたので、ブルームーンストーンについて ご説明いたします。

ブルームーンストーンという呼び方は一般的に広く使われていますが、これは商業名で非常に曖昧に3種類の宝石(鉱物)に使われています。その3つの宝石(鉱物)は、ムーンストーン、ラブラドライト、ペリステライトです。

この3つの宝石(鉱物)は、全て長石(フェルスパー)族の宝石(鉱物)です。長石(フェルスパー)族の宝石(鉱物)は相関関係が複雑で、ムーンストーンはオーソクレース(正長石)とアルバイト(曹長石)の中間タイプのサニディンに属し、ラブラドライトはアルバイト(曹長石)とアノーサイト(灰長石)の中間タイプに属し「曹灰長石」とも呼ばれます。また、ペリステライトはアルバイト(曹長石)の範疇に入ります。

上記の説明で、宝石名(鉱物名)で色を冠してブルームーンストーンと呼べるのはムーンストーンだけということになりますが、ブルーのシラー効果(アデュラレッセンス)、ラブラドレッセンスの光学的特殊効果が現れるムーンストーン、ラブラドライト、ペリステライトの3つの宝石(鉱物)に混同されて使われているのが現状です。

上記の内容をよくご理解された上で、お買求めいただければと思っています。

また、AGL(宝石鑑別団体協議会)に確認しましたところ、上記のようにムーンストーンとラブラドライトとペリステライトは区別しており、ブルームーンストーンという呼び方はしていないとのことです。これに準じて、各鑑別機関でも、ソーティング、鑑別書の鑑別結果は、ブルーのシラー効果のある本物のムーンストーンでも「ムーンストーン」、ラブラドライトは「アンデシン」「ラブラドライト」と表記されるそうです。

現在、ブルームーンストーンと呼ばれて市場に出回ってる宝石(鉱物)は、ほとんどがラブラドライトで、本物のブルームーンストーンは、かなり希少価値が高い宝石(鉱物)になります。この本物のムーンストーンまたはブルームーンストーンには、ムカデ状の特徴的な内包物(インクルージョン)が確認できることが多いので、付記しておきます。

当店でも、ラブラドライトにブルームーンストーンの表記を使っておりますが、コメントには「ラブラドライト」と記述しております。(ペリステライトには使っておりません。)

ブルームーンストーンという呼び方は、現在は一般的になっておりますので、今後 ラブラドライトには当店でも使いますが、この件に関しては、きっちりと説明をしていきたいと思っています。

戻る


このページのTOPに戻る▲

天然石、宝石(ルース)検索
天然石、宝石( カテゴリ)
原石・結晶->
宝石ルース(裸石)の色別->
宝石ルース(裸石)の種類別->
宝石ルース(裸石)のご予算別->

新着商品...
おすすめ商品...
全商品...
更新情報(お知らせ)
ありがとうございます。
現在 4 人のゲストさん がご来店中です。
お客様の声  [more]
初めてご利用の方へ
 ログインについて
 買い物の仕方について
 支払い方法について
 商品、ルース(裸石)について
ショップ情報
 FAXでご注文
 配送返品について
 個人情報保護について
 利用規約について
 特定商取引法に基づく表示
 スタッフ紹介
 問い合わせ
サイトマップ
サイトマップ
SSLについて

 当店は、個人情報保護のため暗号化通信SSLを採用しています。
安心してご利用下さい。

※ SSL(Secure Sockets Layer)とは、お客様と当店の間でやり取りする情報を暗号化して送り、第三者に内容を見られないように保護する技術です。

このページのTOPに戻る▲